カテゴリ:日本( 26 )

ショコラの香り

c0158082_2337830.jpg
パリで暮らしている友人から、フランスの香りがする葉書が届きました。
モンマルトルで見つけたこの葉書の絵を見て、私を思い出してくれたとのこと。
その心遣いがとても嬉しいです♪

c0158082_23371546.jpg
こちらは葉書に貼られていた切手。
これ、なんとショコラの香りがするんです!
更に、消印から1週間せずに日本に届きました。
フランスの郵便でも、こんな奇跡的なことがあるものなのか。
色々と驚かされました。
Aちゃん、いつもありがとう^^
[PR]
by bien-etre | 2009-09-14 23:33 | 日本

パリのお菓子仲間

c0158082_22445093.jpg
本屋でこの本をパラパラとめくっていたところ、パリのお菓子仲間のうちのひとりが載っているのを発見。
同じくパリのお菓子仲間のうち上記とは別の友人から、レストランをオープンすることになったという報告も最近ありました。
同じ時期にフランスに滞在して修行に励み、お菓子のことや帰国後の目標について語り合った仲間がこうして日本で頑張っている姿を見ると嬉しく、また、励まされます。
フランスでの経験を生かして有名パティスリーで働いたり、自分のお店を持ったり、教室を開いたり、それぞれの道を切り開いています。
私もOLと料理教室主宰という二束のわらじ生活の道で頑張っていこうという思いがより強まりました(どちらも好きな仕事なのでひとつに絞れないんです)。
近い将来、フランス人と一緒にフランス語を使った料理講座を開催する計画があり、現在準備を進めているところです。
講師なので写真を撮るような余裕はないかもしれませんが、ブログ上で少しでも様子をお伝えできれば良いなと思っています。
[PR]
by bien-etre | 2009-07-29 22:47 | 日本

ピエール・エルメのクッキングセミナー

c0158082_7401872.jpg
パータ・フォンセを作るシェフ
ピエール・エルメで開催されているクッキングセミナーへ行ってきました。
5月のテーマはキッシュ。
エルメのキッシュは美味しいとの評判を聞いていたため、とても楽しみにしていました。

c0158082_7432973.jpg
フランス人のシェフが3種のキッシュを作っていきます。
ロレーヌ(ハムとベーコン)、アスパラとケッパー、チコリとホタテです。
魚介にはレモンが合うとのことで、チコリとホタテのキッシュのアパレイユはレモン風味になっています。

c0158082_747372.jpg
楽しみな試食タイム。
カリフラワーのポタージュに始まり、習ったキッシュのうち2種、サラダ、デセール2種、紅茶、コーヒーをいただきました。
食器はベルナルドです。
キッシュは写真からもおわかりいただける通り、ふるふるなので形を保てなくなっています。
口当たり滑らかで、まるでプリンのようです。

c0158082_7483436.jpg
キッシュの残りの1種は持ち帰り。
その他、ショーケースの中から好きなケーキを1つ、マカロン3つをお土産にいただきました。
盛り沢山で大満足な内容。
とても人気なレッスンなので予約は争奪戦ですが、ぜひまた参加したいと思います。
フランス語の理解度が少し落ちていて、軽くショックでしたが。
[PR]
by bien-etre | 2009-06-07 06:37 | 日本

ケイク・イスパハン

c0158082_20321286.jpg
ケイク・イスパハン
ピエール・エルメ大丸東京店であまりの可愛さに一目惚れしたケイク・イスパハン。
イスパハンの味(薔薇、フランボワーズ、ライチ)の中でも薔薇の風味が強く、フランスのエスプリを感じるケイクです。

c0158082_2029859.jpg
同じくエルメのイスパハンの紅茶を淹れて自宅にてティータイム。
フランスのお菓子と紅茶に合わせて、食器もフランスのベルナルドを選びました。

c0158082_20291991.jpg
パリで購入したイスパハンの紅茶
日本のエルメでも2種の紅茶が売られていますが、イスパハン味はパリ店限定です。
本当にイスパハンの味がして、淹れる度にフランスの楽しかった思い出がよみがえります。
[PR]
by bien-etre | 2009-05-24 20:45 | 日本

Boissier

c0158082_19303445.jpg
2007年フランスへ旅立つ直前に、大丸東京店内にあるボワシエのサロン・ド・テへ行きました。
当時はオープンして間もなく話題になっており、30分ほど並びました。

いただいたものはショコラが塗られたパンでチキンをサンドしたものです。
ショコラとチキン?と思われるかもしれませんが、意外な美味しさでした。
私以外のメンバーは皆スペシャリテのショコラのケーキ(ベリセール)を選んでいました。

サロンはソファがふかふかで、心地良かった記憶があります。
天使の絵が描かれていたりして、パリのオルセー美術館でこの店内を連想させる絵画を見つけたりもしました。

フランスでは様々なお店のマロングラッセを食べ歩きしたのですが、一番好みだったのはボワシエのものです。
日本でもいただくことができるので(1個750円)、機会がありましたらぜひお試しください。
ペタルという花びらのショコラも美味しくて見た目も可愛くてお勧めです。

Boissier
http://www.maisonboissier.com/jp/
[PR]
by bien-etre | 2009-04-13 23:27 | 日本

スイート・スイーツ・ジャパン

c0158082_010553.jpg
少し時間がたってしまいましたが、先日東京ドームのそばで開催されていた世界パティスリーの併設イベントであるスイート・スイーツ・ジャパンへ行ってきました。
写真撮影が禁止されていたので、写真で会場内の様子をお伝えすることはできないのが残念なのですが、日本のパティスリーやフランス各地のお菓子の一部が集まっていました。
ブーランジュリーも1店出展されていて、パリ15区にあるカルティエ・デュ・パンのMOFシェフ自らがパン作りをされているところを見られるようになっていました。
こちらのブーランジュリーはパリで暮らしていた自宅の近所にあり何度か味わったことがあったので、とても嬉しくなりました。

神戸にあるツマガリのパティシエたちによるウエディングケーキのデモンストレーション。
私はこちらのクッキーが大好きなので、神戸へ行くと必ず買って帰ります。
総勢8名で1時間かけてモンタージュ(組み立て)をしていきます。
技術はもちろんのこと、スタッフのチームワークが素晴らしかったです。
ちなみに、こちらは撮影が許可されたイベントでした。
[PR]
by bien-etre | 2009-03-28 23:26 | 日本

Salon du chocolat à Tokyo 後編

c0158082_20122090.jpg
ジャンポール・エヴァンのアクセサリーをモチーフにしたショコラ

c0158082_2017112.jpg
宝石をイメージしたというフェルベ-ル氏のショコラ。
これは実際に購入することができます。

c0158082_20161685.jpg
クリスティーヌ・フェルベール氏

c0158082_2018232.jpg
ショコラをテーマにした子供服

c0158082_20231686.jpg
ファブリス・ジロット

こちらは昨年ブルゴーニュ地方のディジョンに行った際にうかがうのを楽しみにしていたのですが、残念ながら私が訪れた日は定休日でした・・・。

c0158082_2019126.jpg
ブルターニュ地方ギブロンに本店がある塩キャラメルで有名なアンリ・ルルーのサロン・デュ・ショコラ限定C.B.S.(キャラメル・ブール・サレ)のグラス。
控え目な甘じょっぱさで、さっぱりといただくことができます。

c0158082_2020855.jpg
ルルー夫妻

ブイエ氏、フェルベール氏、ルルー氏の他、リヨン滞在時に何度も通ったベルナション氏ともお話させていただき、充実のひとときを過ごすことができました^^
[PR]
by bien-etre | 2009-01-28 06:06 | 日本

Salon du chocolat à Tokyo 前編

c0158082_2332880.jpg
サロン・デュ・ショコラの広告
パリのマレ地区にて

パリで毎年10月に開催されるサロン・デュ・ショコラ。
現在、伊勢丹新宿店でも開催されています。

c0158082_1122529.jpg
以前ご紹介したオクシタニアルのショコラ細工
こちらのMOFシェフ(ステファン・トレアン氏)がトリコロールの襟がついたコックコートを着て会場にいらっしゃいました。

c0158082_1131397.jpg
ベルギー・ブリュッセルにあるノイハウスのシェフ

c0158082_114217.jpg
リヨンで暮らしていたときに好きで何度か通ったセバスチャン・ブイエ氏。
写真のイメージとは異なり、少し長めの髪にヘアバンドをし、耳にはやや大振りなピアスをしていて今どきの兄ちゃん風でびっくりしました。
感じの良い方で、昨年のリヨン滞在の話をしたところ会話が盛り上がり、とても楽しかったです。
お勧めを尋ねて、その中からマカリヨンのセットを購入しました。
ブイエ氏いわく、新作の口の中に入れるとパチパチとはじけるショコラもちょっと変わっているけれどお勧め、とのことです。

c0158082_11142249.jpg


続く
[PR]
by bien-etre | 2009-01-23 22:01 | 日本

カカオエット・パリ

c0158082_157295.jpg
中目黒にあるカカオエット・パリ。
実は以前にもこちらを目指したことはあったのですがお店が見つからず、今回再チャレンジしてやっと辿り着くことができたというわけです。

c0158082_15115936.jpg
いただいたものは新作のミステール(神秘)というケーキ。
マロンのビスキュイ、マロンのマース、マンダリンオレンジのゼリー、ミルクチョコレートのムースという組み合わせです。
お供はミュスカという甘口ワイン。
ケーキとともに頂く飲み物は普通は紅茶やコーヒーだと思うのですが、私は泡(シャンパーニュやヴァン・ムスー等)や甘口ワインと一緒にいただくことが好きで、自宅ではお茶だけでなくお酒を合わせることがよくあります。
こちらのお店のアルコールにはミュスカの他、ポートワインとフランスの白ビールがありました。
もちろん、コーヒーや紅茶もありますよ。

こちらのシェフ・パティシエ(フランス人)はフランスのトゥール・ダルジャンやラデュレ、ピエール・エルメなどでの経験があり、来日前は先日ご紹介したプラザ・アテネのミシャラク氏の元でスーシェフ(2番手シェフ)を務められていたそう。
写真のケーキはプラザ・アテネでいただいた赤い色のケーキの見た目に似ていました。
こちらのお店にはパリの高級ホテルで提供されるような美しいケーキが沢山並んでいるので、日本にいながらにしてパリの高級ホテルの雰囲気を少し垣間見られるかもしれませんね。

c0158082_15122162.jpg


パティスリー カカオエット・パリ
 東京都目黒区東山1-9-6
 http://www.cacahouete-paris.jp/index.html
[PR]
by bien-etre | 2009-01-16 20:52 | 日本

レオナール・フジタ展

c0158082_22273665.jpg
上野公園の西郷さん

c0158082_22263651.jpg
忍不池

c0158082_22183216.jpg
かつてパリで活躍した日本人、藤田嗣治。
彼の展覧会が現在「上野の森美術館」で開催されています。
先日、こちらへ行ってきました。
フランス滞在時に私の故郷ではすでに終了していたため、思いがけず東京で見られることができ嬉しいです。
シャンパーニュ地方のランスへ行った際に、彼が手がけた「平和の聖母礼拝堂」を訪れました。
日本でも見られることになるとは、何だか感慨深いものがありました。


レオナール・フジタ展 http://leonardfoujita.jp/
 上野の森美術館にて2008年11月15日(土)~2009年1月18日(日)
[PR]
by bien-etre | 2009-01-09 23:09 | 日本