カテゴリ:フランス地方(リヨン以外)( 19 )

カンヌ映画祭

c0158082_10381627.jpg
モナコを後にし、次は映画祭真っ最中のカンヌへ(注:写真は2008年に訪れたときのものです)。

c0158082_10413811.jpg
パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ
これがあのレッドカーペット!

c0158082_10475833.jpg
マスコミの実況中継

c0158082_10415461.jpg
会場そばの地面には映画俳優たちの手形があります。
日本人の名前もいくつか見つけました。

c0158082_10484798.jpg
わんこの落し物を放置しないよう、公園には専用のゴミ袋とゴミ箱が設置されています。

c0158082_10441761.jpg
カンヌのビーチ

c0158082_10442515.jpg
フランスのピーチといえばトップレス女性!?
トップレスになっているのは意外と年配のマダムばかりで驚きました。

c0158082_1050197.jpg
インターコンチネンタル・カールトン
映画俳優たちが宿泊するホテルです。

c0158082_758571.jpg
カンヌの夜景
[PR]
by bien-etre | 2009-06-21 10:37 | フランス地方(リヨン以外)

モナコ公国 続編

c0158082_10271530.jpg
真っ青な海上を行き交うヨット

c0158082_1028210.jpg
エレガントかつ可愛らしいこのピンク色の建物は市役所です

c0158082_10291221.jpg
先日とは別の角度から見たモナコ市内とF1グランプリ会場


c0158082_10295642.jpg
モナコのショッピングモールにて

c0158082_10312533.jpg
この中にあるセルフ式のカフェでひと休み。
エスプレッソのようなカフェとクレーム・ブリュレはフランスらしい組み合わせ。

c0158082_10343184.jpg
グレース・ケリーに愛された薔薇公園

モナコは優雅な雰囲気が漂う街でした。
[PR]
by bien-etre | 2009-06-20 23:26 | フランス地方(リヨン以外)

モナコ公国

c0158082_22232096.jpg
モナコの住宅街やヨットハーバー
5月の南仏と言えば、モナコのF1グランプリやカンヌの映画祭。
昨年の今頃、雰囲気を味わうべくコートダジュールへ行ってきました。

c0158082_2223421.jpg
モナコのF1グランプリ会場
走行音が大きすぎて、近くで観戦する人やレストランの従業員たちは皆ヘッドホンをしていました。

c0158082_22172318.jpg
F1グランプリ公式グッズを売るお店

c0158082_22225214.jpg
モナコ公国の王宮

c0158082_22174710.jpg
モナコの薔薇で有名な公園
[PR]
by bien-etre | 2009-05-31 21:56 | フランス地方(リヨン以外)

Le Daniel

c0158082_22514681.jpg
ブルターニュ地方のレンヌにあるダニエルのボンボン・ショコラ。
先日東京の後楽園で開催されていた、スイート・スイーツ・ジャパンへ行った際に購入したものです。
昨年レンヌへ行った際に、こちらのパティスリーを訪れました。

このボンボン・ショコラのセットはこのイベントのために作られたものなのですが、なんと、ボルディエの牛乳とバターが使われています!
左から、そば粉、塩キャラメル、プルガステル産の苺&ショコラオレ、シードル、フィヤンティーヌの5種。
大ぶりで食べ応えがあり、それぞれの味がしっかりしていて美味しいです。
特に塩キャラメルはしっかりとしたあまじょっぱさ。
さすが、ボルディエです。


Le Daniel
 http://www.patisserieledaniel.fr/
[PR]
by bien-etre | 2009-03-16 23:52 | フランス地方(リヨン以外)

ストラスブール

c0158082_1836763.jpg
ストラスブールの街並

c0158082_1843291.jpg
クグロフ型

c0158082_18435123.jpg
クグロフの刺繍が施されたトーション(布巾)。



c0158082_18452896.jpg
クグロフの形をした灰皿。


c0158082_190307.jpg
ストラスブール駅
何だか似ているような気がして、地元の札幌ドームを思い出しました。
実際にはどうだろう?

[PR]
by bien-etre | 2008-06-28 21:17 | フランス地方(リヨン以外)

ストラスブールのノートル・ダム大聖堂

c0158082_21455736.jpg
ストラスブールのシンボルであるノートル・ダム大聖堂。

c0158082_21475485.jpg
大きすぎて、様々な角度から何度試みても全体をカメラに収めることが難しい。

c0158082_21532085.jpg
ひたすら階段を登っていくと・・・頂上にはこのような景色が待っています。
はるか遠くに見えるのはドイツの黒い森かなと思ったり(注:この写真ではありません)。

c0158082_222456.jpg
12世紀に作られたというステンドグラス
[PR]
by bien-etre | 2008-06-25 15:37 | フランス地方(リヨン以外)

ストラスブールで出会ったパンとお菓子

c0158082_20124247.jpg
アルザス地方のパンといえば、やはりクグロフ!
地方はもちろん、パリでもあまり見ることがありません。
クグロフは陶器の型で焼くと、しっとりして美味しいのですよね。
私も陶器のクグロフ型を1つ購入して帰りました。

c0158082_2014769.jpg
以前ストラスブールに住んでいたことのあるお菓子好きな友人から借りた地図を頼りに、様々なパティスリーを見てきました。
彼女の地図には、パティスリーやブーランジュリーの住所、営業時間などが丁寧に書き込まれており、本当にお菓子が好きなのだなと感じさせられます。
こちらは友人オススメのパティスリーのひとつ、Winter。
可愛らしい動物のショコラやケーキ、カラフルな組み合わせのケーキが多く、まるでメルヘンの世界にいるようでした。

c0158082_20145591.jpg
Christianクリスチャン
こちらでは美味しいと聞いていたクロワッサンとクグロフを購入。
クグロフはバターの香りが良くしっとりとしていて、とても美味しいものでした。

c0158082_20155075.jpg
Naegelネゲル
フランス定番菓子の他、リンツァー・トルテ、クグロフ・ショコラ(お店の方曰く、中にバニラのムースが入っているそう)、コンベルサションなど、アルザス地方やアルザスに隣接するドイツならではのお菓子がずらり。

c0158082_201650100.jpg
ルレ・デセールのThierry Mulhauptティエリー・ミュロップ
こちらでは同じくパリでは見かけないフォレ・ノワール(左から2番目のもの)とリンツァー・トルテをいただきました。
ショコラのビスキュイに上品な甘さのショコラとバニラのムース、グリオットが美味しいアルザス地方のケーキです。
フォレ・ノワールはお店によってとても大きなものだったり、ミュロップのように小ぶりなものだったり、お店を見比べるのも面白いです。
リンツァー・トルテはシナモンが強く効いたざっくりとしたタルト生地に、甘さ控えめなフランボワーズのジャムが入っていました。

c0158082_20224652.jpg
Jean Claude Zieglerジャン・クロード・ジーグレー

c0158082_2026167.jpg
キレイなケーキがたくさん並んだこちらのお店で購入したものはスリーズとクランブルのタルト。
5月頃からマルシェでよく見かける旬のスリーズがたっぷりと入ったタルトです。
ピンク色のクランブルの可愛さに思わず買ってしまいました。
時々、スリーズの種が入っているのもご愛嬌。
甘さ控えめで、素材の優しい味がするタルトでした。
[PR]
by bien-etre | 2008-06-24 14:10 | フランス地方(リヨン以外)

アルザス地方の郷土料理

c0158082_1931272.jpg
タルト・フランベ
タルト・フランベとはごく薄いピザ生地に、フロマージュブラン、玉ねぎ、ベーコンをのせて焼いたものです。
基本のトッピングはこの3つですが、お店によって様々なバリエーションがありました。
この塩味がビールに良く合う!

c0158082_1939935.jpg
シュークルート
シュークルートとは塩漬けして乳酸発酵させたキャベツのことで、数種類のベーコンやソーセージ、ジャガイモ、アルザスの白ワインを一緒に煮込んだ郷土料理自体もシュークルートと呼ばれています。
せっかくなので美味しいものをいただきたいと思い、有名だというメゾン・カメルツェルでいただきました。
こちらのシュークルートは8種類のベーコンとソーセージが使われており、ブーダン・ノワールの姿を発見したときには、思わず店員さんに確認してしまいました。
でも、苦手意識のあったブーダン・ノワールですが、こちらのものは臭みが全く無くて、食べやすかったです。
ビールにも合いそうですが、私がいただいたクレモン・ダルザス(アルザス地方のシャンパーニュのようなもの)にクレーム・ド・カシスが入ったキール・ロワイヤルとも相性が良かったです。
シュークルートを半分以上残している方がいて、口に合わないのかなと心配していたのですが、口に合わなかったのではなく量があまりにも多すぎることが原因だったと後で判明!
ベーコンとソーセージの下には、食べきれないほどのキャベツが敷かれています。
シュークルートはお隣国ドイツではザワークラウトといわれウインナーの付け合せにされるのですが、アルザスのキャベツはそれに比べ酸味はほのかに感じる程度でした(数年前にドイツでいただいたとても美味しかったウインナーの記憶がよみがえる・・・)。

c0158082_19471931.jpg
右から2番目の黒っぽい建物の1階がメゾン・カメルツェルです。
上の階はホテルになっています。

c0158082_2024489.jpg
ベッコフの鍋
ベッコフとはベッコフという陶器の鍋にジャガイモや人参、アルザスの白ワインに漬け込んだお肉の塊を入れて煮込んだアルザス地方の郷土料理です。
昔は材料が入った鍋をパン屋へ持っていき、パンを焼いた後の窯の余熱を利用して煮込んでくれたそうです。
今回はこれ以上胃に余裕が無くいただくことが出来ませんでしたが、機会があればぜひ試してみたいです。

c0158082_1948851.jpg
MOFのフロマージュリーではアルザス地方のチーズ、マンステールを購入。
まだ若かったので、2週間ほど熟成させてからいただきました。

アルザス地方でいただいたものはどれもこれも、本当に美味しかった!
[PR]
by bien-etre | 2008-06-23 20:22 | フランス地方(リヨン以外)

Maison Ferber

c0158082_6263040.jpg
フランス・アルザス地方のコルマール駅からタクシーに乗り、葡萄畑を通って辿り着いた先は・・・

c0158082_6285583.jpg
先日、ロレーヌ・アルザス地方旅行から戻ってきました。
これらの地方の伝統菓子やパンを実際に見ることはもちろん、Maison Ferber(メゾン・フェルベール)で働いている友人へ会うために、Niedermorschwihr(ニーデルモルシュヴィル)へも行って来ました。
メゾン・フェルベールとは、美味しいコンフィチュールで有名なクリスティーヌ・フェルベールさんのお店です。

c0158082_631883.jpg
店内にはお馴染みの赤いギンガムチェックの帽子をかぶったコンフィチュールがずらり。
パリや日本では見たことがない味がたくさん!

c0158082_6414917.jpg
村唯一のお店なので、コンフィチュールだけでなく、お菓子やパン、クグロフ型やアニョー型、野菜や雑誌まで売られています。

c0158082_6254785.jpg
お店の外観

c0158082_6292719.jpg
村の可愛い建物

友人曰く、実は厨房を見せてくれる上、マダム・フェルベールにも会わせてくれる予定だったそうですが、私が伺ったときはちょうどミシュランの取材中だったため、実現できず。
でも、友人の元気そうな様子が見られ、実際にお店でコンフィチュールを買えただけでも行って良かったです。
[PR]
by bien-etre | 2008-06-13 23:05 | フランス地方(リヨン以外)