カテゴリ:料理レッスン( 2 )

講師デビュー

c0158082_0315384.jpg
伝統的なキールには、ブルゴーニュ産アリゴテの白ワインを使います。

都内にある某カルチャーセンターで、料理教室の講師デビューを果たしました。
パティスリーのCAP(フランスの国家資格)をお持ちのフランス人マダムと一緒に、フランス各地で食べられる家庭料理の講座を数回にわたって行う内容です。
20代のうちに料理教室を持つという目標があってフランスへ渡ったので、このような日を迎えることができ、とても嬉しく思います。


c0158082_135329.jpg
初回である今回のテーマはフランスでのアペリティフの時間。
フランス各地における環境や食材の違い、歴史などの説明をし、フランス北部と南部それぞれで食べられるアミューズ・ブシュとキールを実際に試食していただきました。
上の写真は南部で食べられるタプナードを作っているところ。


c0158082_0322626.jpg
こちらはリヨンの名物、セルヴェル・ド・カニュ。
日本語に訳すと、「絹職人の脳みそ」。
この日本語訳に、みなさん驚かれていました・・・。
乳製品が豊富なフランスの北部では、このようにチーズや生クリームを使ったものが食べられています。
タプナードとセルヴェル・ド・カニュはスライスしたバゲットにのせていただきます。


これまで内輪で自宅レッスンは行ってはいたものの、今回のように様々な年代の初めて会う方々を対象に行うのは初めてでした。
平日はフルタイムで働いているため、ルセットやレジュメの翻訳、材料の準備など、寝不足な日々が続いて少し大変に思うこともありましたが、生徒さんたちの喜ぶ顔を見ると、そのようなことも吹き飛んでしまいました。
初めてのことだらけで至らない点もあったかもしれませんが、フランスでの経験を生かし、次回以降も楽しみながら行っていきたいと思います。
[PR]
by bien-etre | 2009-09-13 00:07 | 料理レッスン

料理教室 スペイン料理

c0158082_2234770.jpg
イカ墨のパエリア
奥にかすかに見えるのが、パンコントマテとトルティージャ


料理教室を開催しました。
今回のテーマはスペイン料理。
実際にヨーロッパを一周した際に、現地で食べて美味しかった料理をご紹介しています。
OLさんが対象なので、短時間で簡単に作ることができ、かつ美味しくおもてなしにもなるようなレシピを提案しました。


***メニュー***

前菜:パンコントマテ(かたくなったフランスパンを再利用したトマトのパン)、
    トルティージャ(スペイン風オムレツ)
主菜:イカ墨のパエリア
デザート:薔薇味のマセドニア(スペイン風フルーツポンチ)

短時間で作れるようにレシピを考えているので、これだけの量を作っても、所要時間は1時間程度なのです。


c0158082_2235625.jpg
薔薇味のマセドニア 
スペインとフランスの国境であるバスク地方の銘菓、グリオット入りのガトーバスクを添えて


フランスからの帰国時に購入しておいたフランスのプロヴァン名産の薔薇シロップを使って風味良く仕上げました。
皆に薔薇の味を気に入ってもらえて良かった^^
お茶はピエールエルメのパリ店限定のイスパハンの紅茶です。
フランボワース・ライチ・薔薇の紅茶なので、薔薇のマセドニアにぴったりでした♪

イカ墨のパエリアは一見難しそうに思われるかもしれませんが、コツをつかめばあっという間に美味しく仕上がります。
パンコントマテは意外な作り方とその美味しさに、皆驚いていました^^


ただ単にレシピや作り方を教えるだけではなく、現地ではどのように売られていたり食べられているのかなど、実体験に基づいた話ができたので、自分自身も楽しむことができました。
なんといっても、皆に美味しいと言ってもらえたのが嬉しかったです。

今度はリクエストのあったイタリア料理がテーマかな?
次回もよろしくお願いします^^
[PR]
by bien-etre | 2009-05-05 22:57 | 料理レッスン