カテゴリ:BIO(有機)( 7 )

セイタンハンバーグ

c0158082_816358.jpg
パリの自宅での夕食時のひとコマ。
この日のメインはセイタンのハンバーグです。
グリーンピース、ズッキーニ、玉ねぎ、人参など野菜をはじめ、セイタン、玄米などから作られています。
セイタンは小麦のグルテンから作られたものですが、お肉のような食感なのでベジタリアンの方でも食べられます。
SOYというメーカーのもので、BIO専門店やBIOのエキスポへ行くとよく見かけました。
[PR]
by bien-etre | 2009-02-28 21:20 | BIO(有機)

Noix de lavage

c0158082_173390.jpg
フランスでぜひ使ってみたいと思っていたのが、Noix de lavageというくるみ洗剤です。
この存在を知ったのは確か雨宮塔子さんの著書の中でしたでしょうか(記憶が定かではありませんが)。
実際にはくるみではないそうですが、くるみのような実の皮に洗剤成分が含まれており、洗濯の際に洗剤代わりに使えるというものです。
しかも柔軟剤いらず。
天然なものなので肌に優しく、洗剤によって水を汚すこともないので環境にも優しいのです。

c0158082_181279.jpg
こちらはBIOのお店で購入することができ、私はオベルカンフにあるLEMOというBIOCOOP系列のお店で購入しました。
[PR]
by bien-etre | 2008-03-15 22:06 | BIO(有機)

Salon vivre autrement

c0158082_17111944.jpg
Salon vivre autrementという、ヴァンセンヌの森で開催されているBIOのエキスポへ行ってきました。

c0158082_17124580.jpg
最寄り駅からこの小さな電車に乗って会場まで連れて行ってくれます。

先月行ったBIOのエキスポと同じお店が多く出店されているようで、先月購入したコンフィチュールのお店やビネガーのお店も出店されていました。

c0158082_1714110.jpgc0158082_17152280.jpg
















BIOの粉や雑穀のお店(写真左)。
BIOのパン屋(写真右)。


c0158082_17165251.jpg
このチーズ、コクが強くてとても美味しかった。
恐らく、熟成期間が長いものなのでしょう。


c0158082_17183793.jpg
ふっくらと肉厚でつやつやとしたバニラ。
一般的に売られているものとは全然違います。

c0158082_17204224.jpg
前回購入したエルダーフラワーのビネガーが気に入り、同じお店で今回はフランボワーズのビネガーを購入しました。
お店のマダムに、先月購入したエルダーフラワーのビネガーが美味しかった旨を伝えたところ、嬉しそうにしてくださいました。

c0158082_17213414.jpg
3月に入ってから風が強く雨がちな毎日ですが、ヴァンセンヌの森にはすでにこのような場所がありました。
[PR]
by bien-etre | 2008-03-13 22:03 | BIO(有機)

L'ARC-EN-CIEL

c0158082_3592267.jpg
先日行ったグラン・タペティに引き続き、パリ11区にあるマクロビオテック食材店、ラルク・アン・シエルです。
今でこそナチュラリアなどBIO専門店はあちこちで見つけることができますが、こちらはそれらがオープンする以前の1960年代から続くお店です。


c0158082_40035.jpg
隣ではマクロビオテックの料理教室が開催されています。


c0158082_422675.jpg
Naturalia
[PR]
by bien-etre | 2008-02-28 22:55 | BIO(有機)

BIO EXPO

c0158082_611240.jpg
今月初めのことですが、BIOのエキスポへ行ってきました。
化粧品、パン、ショコラ、スパイス、はちみつ、コンフィチュール、本、野菜、果物、洋服、お茶など様々なお店が出店しており、これらは全てBIOやフェアトレードのものです。

c0158082_682145.jpg
ビネガー屋でエルダーフラワーのビネガー(写真右)、賞を取得されたというコンフィチュール屋では洋梨のコンフィチュール(写真左)を購入しました。
[PR]
by bien-etre | 2008-02-23 22:46 | BIO(有機)

バティニョールのBIOマルシェ

c0158082_5533678.jpg
土曜日に開催されているバティニョールのBIOマルシェへ行ってきました。
先日行ったラスパイユのBIOマルシェはお客様の半数近くは観光客(その大半は日本人)という雰囲気で写真を撮っている人も沢山いましたが、バティニョールは地元の常連さんが通うマルシェという雰囲気で、写真を撮っているのは私だけでした。
ラスパイユもバティニョールも基本的には同じお店が出店されているそうで、先日ラスパイユで見たのと同じお店や店員さんをいくつも見かけました。


c0158082_5551582.jpgc0158082_5565786.jpg













お肉をカットするムッシュ(写真左)。
先日ラスパイユのマルシェで購入したのと同じはちみつ屋(写真右)。
こちらのアカシヤのはちみつ、味が濃くてとても美味しかった!お勧めです。


c0158082_5582330.jpgスーパーで並んでいる野菜とは違い、マルシェの野菜はみずみずしさや生命力を感じます。










c0158082_61983.jpg地元のフランス人も野菜や果物はスーパーよりもマルシェで購入した方が断然美味しいと言っていました。









c0158082_62828.jpg今回購入したもの。
西洋ゴボウというものを見つけたので購入してみました。
先日マクロビのレストランでゴボウのようなものをいただいた際に、日本のゴボウとは食感は似ているけれど違うものだなと感じていたのですが、もしかしたら西洋ゴボウのことなのかも。いただくのが楽しみです。


c0158082_671137.jpgc0158082_68626.jpg










Beuree(バター)の塊(写真左)
日本で暮らしているときから、自宅で使用する調味料はほぼ全てBIO、食材は可能な範囲で、自宅で無農薬栽培した野菜や果物、お店で購入したBIOのものを使っていました(とはいえ、BIOのものを口にしないということはありません)。
先日ラスパイユのBIOマルシェで購入した野菜だけでラタトュイユを作った際に、素材の味が濃くてとても美味しくて、割高にはなりますが、フランスでもできる限りBIOの野菜を使いたいなと思いました。
今度はこれらの野菜を使ってミネストローネを作る予定です^^
[PR]
by bien-etre | 2008-02-16 22:33 | BIO(有機)

GRAND APPETIT

c0158082_1591841.jpg
パリにあるマクロビオティックのレストラン、グランタペティへ行ってきました。


c0158082_215597.jpg私は品数が多いプレートをいただきました。
久しぶりに玄米やひじきをいただくことができて嬉しいです。
左下の黄色いペースト状のものは恐らくレンズ豆のピュレだと思うのですが、じゃがいものようにホクホクしていて美味しかったです(炒めた玉ねぎとクミンシードも入っていました)。
手作りのハーブティーも好きなだけいただくことができます。
フランスではBIO専門店で玄米食には欠かすことができないごま塩が売られていますが、日本では黒胡麻を使うのに対し、フランスでは白胡麻が使われるようです。
グランタペティでも白胡麻のごま塩でした。
こちらのお店では1人で来て静かにゆっくりと召し上がる常連さんが多いようです。
日本人スタッフもいらっしゃるので、もしフランス語を話せなくても大丈夫です。
マクロビオティックは日本人が創設したものであるので、日本人の常連さんと思われる方も数名お見かけしました。
パリへ来てから日本人をよく見かけ、日本語を話す機会も増えました。

c0158082_241559.jpgレストランの隣に併設されているマクロビオティックの食材店では玄米、昆布、胡麻(黒、白)、味噌、玄米の海苔巻きや素材の味を生かしたケーキやパンなどを購入することができます。
フランスで葛粉や梅醤まで手に入ることに驚きました。
私はグランタペティオリジナルの梅醤(写真右)を購入。
写真左はBIO専門店で購入したBIOのゲランドの塩です。
[PR]
by bien-etre | 2008-02-11 23:57 | BIO(有機)