<   2007年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

大晦日

c0158082_155516.jpg
大晦日は友人たちとちょっとしたfêteを行った後、エコール・ミリテールを挟んだエッフェル塔を見に行きました。
さあ、新しい生活の幕開けです^^

c0158082_1552640.jpg
Monoprixで購入。

c0158082_15155573.jpg
エッフェル塔でのカウントダウンに向かう人々。
パリで知り合った地元の人に、「日本ではカウントダウンと言うが、フランスではなんと言うのか」と聞いたところ、該当する言葉は特にないと言っていました。
街のあちこちで「Bonne année~」と聞こえてきました。

c0158082_1564557.jpg
今夜は無料でメトロに乗ることができます^^
[PR]
by bien-etre | 2007-12-31 23:58 | パリ日記

Parisのイルミネーション

c0158082_281065.jpg
シャンゼリゼ通りと凱旋門
ここシャンゼリゼ通りでは発光ダイオードを使用したイルミネーションは今年初です。

c0158082_223290.jpg
ノートルダム寺院
寺院前では火を使ったパフォーマンスがなされていました。

c0158082_2112543.jpg
コンコルド広場

c0158082_2133258.jpg
ラデュレ

c0158082_2164180.jpg
ルノートル

c0158082_4165921.jpg
ヴァンドーム広場

c0158082_418455.jpg
オテル・リッツ

c0158082_4204450.jpg
モンテーニュ大通りとエッフェル塔

c0158082_4225385.jpg
フーケッツ

c0158082_54476.jpg
バスチーユ広場
[PR]
by bien-etre | 2007-12-30 23:37 | パリ日記

マカロン石鹸

c0158082_0465499.jpg
LADURÉE(注:音が出ます)とSEPHORAのコラボレーション商品であるマカロン石鹸です。
こちらはマカロンの形をした石鹸であり、なんとViolette(スミレ)、Chantilly(ホイップクリーム)、Brioche(ブリオッシュ)の香りなのです!
現在洗顔や手洗いに使用しており、顔を洗う度にお菓子のような甘い香りに癒されています♪
[PR]
by bien-etre | 2007-12-29 14:10 | パリ日記

MarieBelle(マリーベル)

c0158082_1911180.jpg
NYで有名なMarieBelle(マリーベル)のHot Chocolateを使って chocolat chaud(ホット・チョコレート)を作りました。
以前NY土産でいただいたものです。
今回は豆乳で溶かしましたが、コーヒーで溶かしても美味しかったです。
気に入っているLenôtre(ルノートル)のティーカップに注いで、寒い夜をしのぎます。
[PR]
by bien-etre | 2007-12-28 20:37 | 飲み物

Joyeux Noël

c0158082_313375.jpg
Parisのギャラリー・ラファイエット外観

c0158082_34722.jpg
ギャラリー・ラファイエット内部

c0158082_34491.jpg
プランタンの外観

c0158082_313577.jpg
プランタンのショー・ウィンドウ
[PR]
by bien-etre | 2007-12-27 19:57 | パリ日記

Copenhagen空港

c0158082_5113279.jpg
空港でもクリスマスの飾りが施されていました。

c0158082_5125536.jpg
コペンハーゲンのカストロップ空港
空港のロビーやカフェなど、至るところで北欧デザインを目にします。
コペンハーゲンの電車に乗って感じたことは、ベビーカーの親子連れが多いこと。
出入り口がフラットでベビーカーを乗せやすい作りになっているというわけではなく段差になっているのですが、ベビーカー自体が日本で見るものよりもかなりしっかりとした作りであり、そのため段差にも対応できるようになっているのかもしれません。
また、車両によってそのようなしっかりとしたベビーカーを1車両に何台か乗せられるような広いスペースも取られています。
このように電車がベビーカー連れのお母さんに優しかったり、環境保護への意識が高いと感じさせられる反面、日本並みに歩きタバコをする人が多く、両極端な国だなぁ・・・と感じました。
ここでは物価の高さに本当に泣かされ、フランスの物価が安いと錯覚してしまったほどなので、仮にデンマークで生活することになったとしても、暮らしていくのは難しそうと思いました^^;
[PR]
by bien-etre | 2007-12-26 21:09 | 北欧

Malmö

c0158082_1812328.jpg
パリ行きのフライトまで時間があったため、デンマークのお隣の国スウェーデンのマルメという町まで行ってきました。
スウェーデンで3番目の都市です。
コペンハーゲンの空港から電車でたったの15分ほどで着きますが、交通費は往復で約4000円もしました。
こちらはマルメ中央駅構内のクリスマスツリー。

c0158082_18131612.jpg
大広場でスケートを楽しむ子供たち。

c0158082_1816413.jpg
市立図書館。
デザインの国では図書館の椅子もこんなにオシャレです。

c0158082_4374245.jpg
スェーデンと言えばyoggiのヨーグルトドリンク。
この北欧デザインの容器は、インターネットオークションでも売られているとか!?

c0158082_4443369.jpg
私はyoggiのバニラビーンズ入りのヨーグルトとデニッシュを選びました。
このデニッシュの中にはオーストリアで何度もいただいたのと同じアマレット風味のマジパンの他、カスタードクリームが入っていました。
オーブンから出されたばかりのものを購入したので、温かくてサクサクでとても美味しかったです^^
[PR]
by bien-etre | 2007-12-25 21:03 | 北欧

GOD JUL

c0158082_17403880.jpg
コペンハーゲン中央駅前にあるTivoli公園のノエル。

c0158082_9132479.jpg
この時期、Tivoli公園ではクリスマスマーケットが開かれています。

c0158082_8581334.jpg
遊園地でもあり、キラキラしていてまるでディズニーランドへ遊びにきたようなワクワク感。
楽しそうな小さな子供たちや家族連れでいっぱいでした。
[PR]
by bien-etre | 2007-12-24 22:52 | 北欧

コペンハーゲン クロンボー城

c0158082_14154169.jpg
ルイジアナ美術館を後にし、次はクロンボー城へ向かいました。
クロンボー城は世界遺産に登録されており、シェイクスピアの「ハムレット」の舞台になったお城でもあります。
大学生のときに英米文学を専攻していたこともあり、このお城はぜひ見ておきたかったのです。

c0158082_14161850.jpg
こちらの大広間は北欧一と言われているそうです。
季節柄、クリスマスツリーが飾られていました。
どんよりとした天気も手伝い、ハムレットのストーリーを彷彿とさせるような雰囲気を感じました。
[PR]
by bien-etre | 2007-12-23 22:09 | 北欧

コペンハーゲン ルイジアナ美術館

c0158082_13372675.jpg
コペンハーゲン郊外にあるルイジアナ美術館です。
コペンハーゲン中央駅から電車で45分。
行きの電車の中で赤ちゃん連れの地元のお姉さんとの会話が始まり、「ルイジアナ美術館に行くの?私たちも行くので、それなら一緒に行きましょう」と案内してくれることになりました(コペンハーゲンでは英語がかなり通じます)。

c0158082_13305077.jpg
子供の部屋。
ヤコブセンの子供用のセブンチェアがいっぱい!

c0158082_13482518.jpg
じーっと見つめてくる子。
北欧の子供はかなり可愛い!

c0158082_13485154.jpg
セブンチェアが並べられた美術館内のカフェ。
こちらの美術館は休憩する椅子もヤコブセンの椅子なので、座り放題の状態。
今回は椅子の写真ばかりを載せましたが、第二次世界大戦後の現代美術が世界中から沢山集められており、周りを見渡しても世界中のデザイナーがこちらの美術館を訪れているようでした。
ご一緒した地元のお姉さんにも、「(こんなに遠くまではるばる来たので)デザインの仕事をしているの?」と聞かれました。
デザインの仕事とは全く関係のない私には、少しもったいないような気がしました。
[PR]
by bien-etre | 2007-12-22 21:28 | 北欧