<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ラデュレ ロワイヤル本店にて

c0158082_15131255.jpg
現在のラデュレはルリジューズがテーマなようで、水色や黄色、エメラルドグリーンなどカラフルなルリジューズがいっぱい。
食べてみたいけれど値段が高い(1つ7ユーロくらい)・・・と手をだしていなかったリボンの形をしたケーキは姿を消していました;;


c0158082_1518489.jpg
Pain Perdu
マドレーヌにあるラデュレのロワイヤル本店にて、以前から絶品と聞いていてぜひ食べてみたいと思っていたパン・ペルデュ(フレンチ・トースト)を味わってきました。
パン・ペルデュは午前中にしか食べることができないそうです。
ブリオッシュ生地が使われたラデュレのパン・ペルデュはとてもふわふわ!
パン生地に使われる卵液は控え目で、日本のように中までたっぷりとしみこませたものとは異なります。
トッピングはメープルシロップ、コンフィチュール、生クリームの中から選ぶことができ、私は生クリームを選びました。
生クリームでももちろん合うのですが、水気があまりないパン生地なのでメープルシロップで水分を補給しても美味しいだろうなと思いました。
飲み物は、友人はマリー・アントワネットの紅茶、私はカフェ・ラデュレというもの。
カフェ・ラデュレは店員さん曰くアメリカンコーヒーのことだそうですが、頂いてみるととてもアメリカンな味わいではなく、日本の普通の濃さのコーヒーよりもやや濃いものでした。

c0158082_15214736.jpg
ロワイヤル本店の店内

c0158082_1519471.jpg
Coupe Ispahan
個人的にすごく気に入ったのがこちら。
ボリュームたっぷりなシャンティイ(生クリーム)の下には、フランボワーズのソルベとローズのグラス(アイスクリーム)、ライチが隠れています。
シャンティイの上には生のフランボワーズとソースのトッピング。
見た目が可愛らしく、何よりフランボワーズのソルベとローズのグラスがとても美味しい!
フランボワーズもローズも、それぞれはっきりとそれとわかる濃厚な味で、香りが口の中いっぱいに広がります。
シャンティイは牛乳の味が濃く、日本のものよりもふわふわ軽い口当たりです。
値段を調べたところ、日本店の方が400円ほど安いみたい。量が違うのかな・・・!?

周りの方々が食べていたプティ・デジュネのセットも美味しそうでした。
次はこれを食べたい!

c0158082_15205722.jpg
ラデュレ・カー発見!
[PR]
by bien-etre | 2008-09-27 23:31 | パリのお菓子

フロマージュのショコラ

c0158082_1528615.jpg
ジャンポールエヴァンのボンボン・ショコラがつまった箱

c0158082_1529656.jpg
Bonbons de Chocolat Aperitif
ジャンポールエヴァンのチーズのガナッシュが包まれたショコラです。
以前旅行でパリに来たときに食べて美味しいと思い、帰国前にもう一度食べておこうと思い購入しました。
シェーブル、エポワス、ロックフォール、ポンレヴェックの4種類です。
チーズのガナッシュって・・・と思われるかもしれませんが、ショコラに意外と合うのです。
クミンやタイムも使われていますが、それらもチーズのガナッシュにぴったり。
そのままでももちろん美味しいのですが、赤ワインと共にいただきたくなるような味です。
個性の強いチーズばかりなので、チーズ好き向きかもしれません。
[PR]
by bien-etre | 2008-09-26 07:45 | パリのお菓子

ミラノのお菓子散策

c0158082_12564148.jpg
ミラノの高級食材店PECK
ここでは様々な食材やお惣菜、イタリアのパンなどが売られていいますが、今回はフランス風のクロワッサンを購入。
フランスのものよりもバターの香りがやや控え目で、見た目も美しかったです。

c0158082_137910.jpg
入れ歯の形(!?)をしたマジパン菓子

c0158082_1392631.jpg
イタリアではあまり見られないフランス風のケーキたち
たまたま通りかかった老舗と思われるサロンドテ(店名不明)では、マダムが1人で優雅に午後のお茶のひとときを楽しむ光景が見られました。
[PR]
by bien-etre | 2008-09-25 23:47 | イタリア

ミラノ散策

c0158082_12162538.jpg
ドゥオモ前の広場には物売りやハトがいっぱい。

c0158082_1217680.jpg
ヴィットーリオ・エマヌエーレ二世のアーケードの入口
ヨーロッパの中で最も美しいアーケードと言われているそう。

c0158082_12181449.jpg
ヴィットーリオ・エマヌエーレ二世のアーケードの中
床にあるこの穴に踵を合わせて回転すると、確か子宝に恵まれるのだっただろうか(7年半前の記憶なので曖昧です)。

c0158082_12195011.jpg
ドゥオモの裏にある数字のオブジェ

c0158082_1220159.jpg
ドゥオモの中

c0158082_12391861.jpg
サンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会
以前ミラノに来たときは修復中で見ることのできなかった、レオナルド・ダ・ヴィンチのフレスコ画「最後の晩餐」を今回は見ることができました。
この教会に併設されている、かつて食堂だった部屋の壁に描かれています。

c0158082_13174933.jpg
*おまけ*
気になった子供服のマネキン。
顔があまりにもリアルで怖い・・・。

[PR]
by bien-etre | 2008-09-24 23:13 | イタリア

ミラノのジェラート

c0158082_5395415.jpg
パンやお菓子の楽しみに関しては残念なイタリア滞在でしたが、ジェラートの美味しさは他のどの国にも負けないように思います。
天気の良いイタリアでは、毎日のようにジェラートを食べていました。
写真のジェラートはレモン、フランボワーズ、クレームカラメル、ショコラ。
どれも絶品!

c0158082_1010370.jpg
ミラノで食べたジェラートのお店はGROMというオーガニックの果物を使ったジェラテリア。
イタリア各地だけではなく、NYやパリにも支店がある人気店だそうです。
店内は女性だけではなく、スーツを着たビジネスマンでいっぱいでした。

GROM http://www.grom.it/
[PR]
by bien-etre | 2008-09-23 22:41 | イタリア

イタリアのパニーニ

c0158082_10105466.jpg
イタリアで食べたかったもののひとつがパニーニです。
ミラノで入ったパニーニ専門のレストランは創業1979年の人気店だそう。
お昼時になると、あっという間に外まで行列!

c0158082_5292537.jpg
サーモンとルッコラのサラダ
オリーブオイルとバルサミコビネガーを好みでかけていただきます。

c0158082_10131764.jpg
数あるパニーニの中から、店名がついたものを選びました。
モッツアレラチーズ、トマト、ハムが挟まれたものです。
こちらのお店のパニーニのパン生地は日本で食べられているものとは異なるのもので、軽いバゲットのようなものでした。
他の多くのお店のパニーニは日本のものと同じだったので、このパン生地はお店オリジナルのものなのかもしれません。
外はカリカリ、中はふんわり、具がたっぷりで美味しい!

イタリア滞在中は毎日のようにビールやワインをいただきましたが、イタリアビールは軽くて飲みやすいタイプでした。
[PR]
by bien-etre | 2008-09-22 21:10 | イタリア

旅の途中経過報告

c0158082_10153242.jpg
7年半ぶりのミラノ。
ドゥオモの外観は磨かれ、すっかり白くキレイになっていました。
個人的には、以前の黒っぽい方が重厚感があって良かったように思うのですが・・・。

c0158082_10154885.jpg
ドゥオモの上から見た景色
広場に尖塔の影が映っています。

c0158082_101622.jpg
ドゥオモの屋上
[PR]
by bien-etre | 2008-09-20 23:28 | イタリア