メクネス出発の朝

c0158082_21255079.jpg
滞在していたホテルの朝食。
メクネスで一番良いホテルとのことですが、朝食はご覧の通りシンプルなもの。
クロワッサン、バゲット、パンオショコラ、バター、アプリコットジャム、ヨーグルト、オレンジジョース、コーヒー。
滞在者は他にフランス人の団体客がいました。

c0158082_21285061.jpg
朝食をとった後はホテルをチェックアウトし、駅まで歩きます。
その途中で見つけたイヴ・ロッシュ。
モロッコにもあるんですね。
イヴ・ロッシュはフランスのボディー、ヘアケア商品やコスメのお店で、香りや種類が豊富な上お手頃価格なので、フランス人はもちろん、フランス滞在暦のある日本人女性でもお世話になった方は多いことでしょう。
私もフランス滞在時はお世話になりました(懐かしい~)。
何でも、今年韓国にもオープンしたそうです。そのうち日本にもできたりして^^;

c0158082_21345251.jpg
電車に乗り、モロッコの首都であるラバトへ向かいます。
ちょうどラマダンが明けたばかりということで、車内はとても混んでいました(現地の人はラマダンが解禁されると一斉に帰省する習慣があるので、交通機関が大渋滞します)。
[PR]
# by bien-etre | 2009-12-04 23:23 | モロッコ

モロッコの古都メクネス

c0158082_20593329.jpg
ドバイ旅行記に引き続き、イスラム教国であるモロッコ旅行記の続き。
マクドナルドで腹ごしらえをした後は、世界遺産である旧市街へ。
日が暮れ始め、エディム広場では徐々に賑わいを見せていました。

c0158082_2115986.jpg
モロッコで最も美しいと言われているマンスール門。
かつてフランスのヴェルサイユ宮殿に負けないほどの美しい王朝が計画された場所です。

c0158082_21142488.jpg
3重の城壁に囲まれています。

c0158082_21145789.jpg
内部には美しいパティオ(中庭)。

c0158082_21152985.jpg
ムーレイ・イスマイル廟への入口

c0158082_21175455.jpg
この向こう側は風の道。

c0158082_21182523.jpg
風の道

c0158082_21183780.jpg
暗くなってきて辺りの雰囲気も良くなかったので、ホテルへ戻ることにしました。
[PR]
# by bien-etre | 2009-12-02 23:55 | モロッコ

LU

c0158082_654681.jpg
フランスのスーパーで売られている定番菓子メーカーのひとつである「LU」。
写真のオレンジ、洋梨、アップルシナモン、フランボワーズ
c0158082_6525861.jpg

[PR]
# by bien-etre | 2009-12-02 07:01 | パリのお菓子

ドバイ国際空港

c0158082_2152324.jpg
夜の10時。


c0158082_2152111.jpg
ここはドバイ国際空港。
いよいよ帰国です。
24時間営業であるドバイ国際空港はこの時間でも賑わいを見せています。


c0158082_21531959.jpg
こちらは抽選くじの商品のひとつある車。
抽選くじは1回15,000円だとか・・・?


c0158082_21522876.jpg
楽しかったドバイ旅行記は終了です。
長らくのお付き合いをありがとうございました♪
[PR]
# by bien-etre | 2009-11-29 21:52 | アラブ首長国連邦

ワフィーグルメ

c0158082_21464497.jpg
ドバイの高級食材店と言われているワフィーグルメ。
いくつかのショッピングモールの中に入っています。


c0158082_21465711.jpg
アラブのお惣菜が色々とあります。
フムス(ひよこ豆のペースト)はドバイ滞在中に何度もいただく機会がありました。


c0158082_2147515.jpg
アラブ菓子は見た目が綺麗で美味しそうなのですが、食べてみると甘くて油っぽくて・・・。
パリでもアラブ菓子屋はよく見かけます。


c0158082_21472241.jpg
ナツメヤシもオレンジピールや胡桃をサンドしたものなど、豪華なものが種類豊富にあります。



c0158082_2147305.jpg
マジパン菓子も見事。
見ているだけでも楽しいです。


c0158082_21542757.jpg
大好きなデンマークのバター。こちらはドバイ空港にて。
まさかドバイで出会えるとは!


c0158082_21543854.jpg
【おまけ】
ジュメイラビーチホテルで見つけました。
これってデ〇ズニー?
[PR]
# by bien-etre | 2009-11-28 23:44 | アラブ首長国連邦

ドバイファウンテン

c0158082_22562658.jpg
ドバイの新名物である噴水ショー。
日が暮れると、ブルジュ・ドバイの前で行われます。


c0158082_22584246.jpg
音楽に合わせて、光と噴水のショー。
ラスベガスへ行ったときに見たベラッジオの噴水ショーみたい・・・と思い帰国後に調べたところ、やはり同じ方が手がけたそうです。


c0158082_22585880.jpg
見事ではありますが、クネクネと動いて奇妙さもあります・・・。


c0158082_2301132.jpg
併設されているドバイ・モールの中にはフランスでお馴染みのお店がちらほら。


c0158082_2311226.jpg
エディアールやメゾン・カーザー


c0158082_233399.jpg
王室御用達のデーツのお店、バティール。
こちらのデーツのスパークリングジュースがお勧めです。
[PR]
# by bien-etre | 2009-11-14 22:49 | アラブ首長国連邦

ワフィ・シティー・モール

c0158082_22381638.jpg
ピラミッドの形をしたワフィ・シティー・モール。

c0158082_22391475.jpg
エジプトをテーマにしたショッピング・モールです。

c0158082_22394562.jpg
内部から見たピラミッドの三角部分。

c0158082_22421898.jpg
チョコレートが美味しいパッチ。
ドバイ土産の定番です。

c0158082_22482197.jpg
スターバックスコーヒー。
ラマダン時期なので、夜になるまで静かです。
[PR]
# by bien-etre | 2009-11-12 22:39 | アラブ首長国連邦

秋のヴォージュ広場

c0158082_1144492.jpg
パリで一番美しいと言われているヴォージュ広場。

c0158082_2303080.jpg
家族や友人、恋人と思い思いに過ごす姿が見られます。

c0158082_1151191.jpg
ヴォージュ広場はかつて貴族が集った場所。

c0158082_2312481.jpg
作家であるヴィクトル・ユゴーが暮らしていた家もヴォージュ広場に面しています。

c0158082_231438.jpg
この一角にあるマ・ブルゴーニュというビストロではタルタルが名物。
私は生肉が苦手なので食べませんでしたが、本当に量が多くてびっくりします。
こちらでプティ・サレのレンズ豆煮込みをテラス席でいただいたときに、テーブルにスズメがやってきたという思い出があります。
[PR]
# by bien-etre | 2009-11-07 23:41 | パリ日記

ドバイ・モール

c0158082_2339415.jpg
ラマダン時期は日が出ている時間は静かなものの、日が落ちると一斉に賑います。


c0158082_23395161.jpg
世界一高いタワーに隣接するショッピングモール「ドバイ・モール」内を散策。
2階にあるのはスターバックス。
英語表記とアラビア語表記です。わかるかな?


c0158082_2340157.jpg
お馴染み、マクドナルド。
太陽が出ている時間はテイクアウトのみで、店内でいただくことはできません。


c0158082_23401286.jpg
ピザーラでいただいたラマダン・メニューのピザセット。


c0158082_23402446.jpg
フランスの高級デパートであるギャラリー・ラファイエット。
他のショッピングモールにはハーベイ・ニコルズやマークス&スペンサーなどイギリスのデパートが入っていました。
大学生のときに、ロンドンへ短期留学をしたことがあるので、懐かしかったです。


c0158082_2340309.jpg
外には椰子の木を模したイルミネーション。
ドバイのショッピングモールはどこでも、欧米のブランドが集まっています。
[PR]
# by bien-etre | 2009-10-19 23:39 | アラブ首長国連邦

ドバイ料理

c0158082_2338436.jpg
ドバイの砂漠の中でいただいた食事。
窯で焼いたばかりのナンを使って、ラップサンドを作ってくれました。

c0158082_23385425.jpg
様々な種類のお惣菜をワンプレートで。
デザートはフランスでいうリ・オ・レ(お米のミルク煮)。
リ・オ・レはフランスでも苦手でしたが、やはりドバイでも苦手なデザートでした・・・。
[PR]
# by bien-etre | 2009-10-19 06:38 | アラブ首長国連邦